子宝運を高めてくれる植物と言えば外せないのが子宝草

たくさんの小株を葉っぱにつけて繁殖をする植物である『シコロベンケイ(子宝草)』は、この見た目によって、子孫繁栄の象徴とされています。 そのため子宝のお守りとされ人気があります。
2017年はこのシコロベンケイを育てて子宝運アップの効果を期待しましょう。

シコロベンケイの育て方は、日当たりの良い場所で、乾燥気味に育ててあげることがポイントです。
多肉植物なので、湿度が高い状況下だと根が腐ってしまい枯れてしまいます。 ただし水が足りなくなってしまっても、葉っぱがしおれてしまうので、育てながら水をあげる量をつかんでいくしかありません。

大切に育てていけばシコロベンケイはどんどん増えてくれ、子宝もアップすることでしょう。

葉っぱ1枚の水栽培だけでも癒されるマザーリーフ

幸せの葉っぱと呼ばれているマザーリーフ(セイロンベンケイソウ)は、丈夫な植物なので初心者の人でも簡単に育ててあげることができます。

マザーリーフの育て方は、水を張ったお皿を用意し、葉っぱの表側を上にして水に浸します。 マザーリーフ全体にお水がつかるくらいがいいです。
そして日当たりの良いところに置き、水を乾かさないようにします。
日当たりだったり、気温によって差は出てきますが小さな新芽はだいたい2週間後に顔を出してくれます。

ここまでできたら土の入った鉢を準備して、マザーリーフを増やしましょう。
土の入った鉢にマザーリーフを置きます。 そして軽ーく、マザーリーフに土をかけます(かけすぎに注意してください)。 あとは日当たりの良いところに置いてあげ、毎日水をかけてください。 そのうち新芽が出てきますよ。

マザーリーフは落ちた葉でも勝手に育つなんてこともあります。

ワイルドストロベリーで子宝の願いを

尊重と愛情、幸せな家庭の花言葉をもつワイルドストロベリーは育てると幸せが訪れ、願い事が叶うといわれています。

ワイルドストロベリーは、次々に赤い実を実らせ、親株の葉のわきから小さなつるを伸ばしていくので、その様子が人間の家族に似ていることから花言葉がつけられたとも言われています。
また、赤い実は子宝運をあげるとして風水でも有名です。

育て方はシンプルです。
園芸用の土を入れた鉢に植え、日当たりの良い場所に置き、毎日朝に水をやる、これだけです。
特に肥料なども必要ありませんが、花や実が終わったらお礼として肥料を与えましょう。

ワイルドストロベリーは育てるだけではなく、リラックス効果のあるハーブティーにもできるので育てた際は一緒にやってみるのも良いかもしれません。

初回無料のメール占いで良縁を結ぶ
オススメ占い
スピリットメイト
スピリットメイト
鏡をクリックすると運命の人が見えてくる…引き寄せのラブセッション!
心に響く運命占い
心に響く運命占い
恋人の本音が知りたい、なんて悩んでいませんか?