子宝に効果があるという温泉の成分、ご存知ですか?

妊活に効果のある温泉に浸かって、子宝に恵まれましょう。

妊娠に良いといわれている温泉の成分は3つあります。

1つ目は『アルカリ性泉・重曹泉』です。
アルカリ性泉・重曹泉は膣内の酸性度を和らげてくれ、精子がが子宮に入りやすくなるといわれています。

2つ目は『ラジウム泉』です。
ラジウム泉は、生殖機能を向上させてくれる効能があります。

3つ目は『硫酸性』です。
硫酸性は体の機能を整えてくれ正常な状態に戻してくれる効能があります。

それぞれ泉質によって効能が違うので、温泉巡りなどをして全ての温泉に入ってみると良いでしょう。
温泉の良い環境はリラックス効果も高いのでストレス発散にもなり身体も温まり、妊娠しやすくなる身体ができ上がり妊娠につながるのではないでしょうか。

2017年に訪れたい子宝温泉3選

妊活効果のある泉質に浸かることができる為のお勧めの温泉が3つあります。

1つ目は栃木県にある『鬼怒川公園岩風呂』です。
鬼怒川公園岩風呂はアルカリ性単純温泉でやわらかい泉質が特徴です。

2つ目は秋田県にある『乳頭温泉郷-孫六温泉』です。
乳頭温泉郷-孫六温泉はラジウム鉱泉、単純硫黄泉・ナトリウム炭酸水素塩泉とあります。

3つ目は群馬県にある『草津温泉-山本館』です。
草津温泉-山本館は、『若鹿(わか)の湯』と呼ばれる子宝の授かる湯があります。

2017年温泉でゆっくりし、赤ちゃんに恵まれるのを願いましょう。

正しい温泉の入り方で効果を一層アップさせよう

正しい温泉の入り方は知っていますか? 正しい温泉の入り方をすると効果を高めることができます。

まず一番にするべきことは、一休みすることです。
温泉につくと、お茶とお茶菓子が用意されていますよね。 これを入浴前に食べてることが入浴の準備になります。
入浴によって消費するカロリーはジョギングに相当するといわれているので、お茶菓子は適度なエネルギー補給になります。 そのため立ちくらみなどを防いでくれる効果があります。
そしてお茶は入浴前の水分補給になります。 さらに緑茶にはビタミンCが含まれているので『湯あたり』の防止にも役立ちます。

これができたら、温泉へ行きましょう。
入浴前にはかけ湯をしましょう。 かけ湯をしたらまずは半身浴に浸かりましょう。
露店風呂に入りたい場合は、内風呂に入ってからにしてくださいね。

浸かる時間は初めは5から10分、慣れた後はぬるめのお湯で30分以内、高温のお湯なら10分以内にしましょう。

入浴してから洗髪、洗髪後に入浴、入浴後に体洗いを心がけましょう。

初回無料のメール占いで良縁を結ぶ
オススメ占い
スピリットメイト
スピリットメイト
鏡をクリックすると運命の人が見えてくる…引き寄せのラブセッション!
心に響く運命占い
心に響く運命占い
恋人の本音が知りたい、なんて悩んでいませんか?