»
»
子宝運アップのおまじない

白湯と飴玉と折り紙を使った子宝運アップのおまじない

なかなか赤ちゃんを授かることができない時に一人でできるおまじないです。

用意するものは白湯丸い飴玉、色は赤、ピンク、オレンジのいずれかの折り紙です。
この3つを持って寝室へ行きましょう。

寝室の北側に白湯を置きます。 その中に丸い飴玉を入れている間に折り紙でコウノトリを作ってください。
折り紙で作ったコウノトリを白湯と一緒に寝室の北側に置き『赤ちゃんが来てくれますように』とお願いをし、飴玉を取り出します。 取り出した飴玉は袋に入れコウノトリの口ばしに括り付けてください。
残った白湯は飲みます。

さらに効果をあげたい場合は、毎日コウノトリにお願い事を伝えるようにしてください。

日本酒とストローと平らな小石を使った夫婦で行う妊娠力アップのおまじない

妊娠力をあげたいときに行うと良いおまじないです。

このおまじないは夫婦で行うことによって強力な効果を得ることができます。 子供を授かる願いが叶うように、夫婦二人がともに愛しあって優しい気持ちでいることが大切です。

おまじないをするときは新月か満月の日に月の光が当たる部屋で行いましょう。

準備しておくものは3つ、1つ目は日本酒、2つ目はストロー、3つ目は平らな小石です。
用意し終わったらいよいよおまじない開始です。

日本酒を透明なコップに入れ、月が映る場所に置きます。 月の姿が映った日本酒に、きれいに洗っておいた平らな小石を入れます。
入れ終わったら、コップにストローを入れ夫が飲み干します。 飲み終わったら小石を取り出し、妻のおなかに当てます。
おなかに当てながら『二人の間に宝物がやってきますように』と二人で一緒に唱えてください。
唱え終わったら子袋に入れ、夫が小石を持ち歩くようにしてください。

威力は1週間で切れてしまうので、夫婦生活を逃さないように気を付けましょう。

白ゴマ油と水性ペンと葉っぱを使った邪気を祓うおまじない

最近よくない事ばかりで、良い事がないと思っている人は、もしかしたら邪気にまとわりつかれているかもしれません。 邪気を払うことができるおまじないを試してみましょう。

おまじないをする方法を見ていきましょう。
まずおまじないをするために、白ゴマ油水性ペン葉っぱを用意しましょう。
日当たりが一番良い部屋で行います。

用意しておいた葉っぱに水性ペンで『断』と書いてください。
書き終わったら白ゴマ油に浸し、太陽の光によく当てます。 当て終わったら葉っぱを取り出し、外に行きます。
『悪い気よさようなら』と唱えながら9つに葉っぱをちぎります。
ちぎり終わった葉っぱは地面にしっかりと埋めてください。

これで邪気を払うことができます。
悪い事が起きたと感じるときに、やることがポイントとなります。

初回無料のメール占いで良縁を結ぶ
オススメ占い
スピリットメイト
スピリットメイト
鏡をクリックすると運命の人が見えてくる…引き寄せのラブセッション!
心に響く運命占い
心に響く運命占い
恋人の本音が知りたい、なんて悩んでいませんか?